秋月院(曹洞宗)(川崎市宮前区・神奈川県)の詳細情報。写真・住所・設備・価格・地図も掲載。無料で資料請求可能。

トップ > 探す~墓所検索~ > 神奈川県のお墓・霊園・納骨堂 > 川崎市宮前区のお墓・霊園・納骨堂 > 秋月院(曹洞宗)

秋月院(曹洞宗)

墓所写真

名称

秋月院(曹洞宗)(シュウゲツイン)

形式

寺院墓地

宗教・宗派

曹洞宗

所在地

〒216-0015 神奈川県川崎市宮前区菅生2-28-1

経営主体

宗教法人 秋月院

設備・施設

休憩所休憩所 
法要施設法要施設 
駐車場駐車場 
改葬OK(ご遺骨の引越し)改葬OK(ご遺骨の引越し) 
生前建墓生前建墓 

緑につつまれ・・・やすらぎの寺

秋月院のはじまりは大木庵と名づけられた道心者の庵(いおり)にあります。
天正元年(1573年)に小田原一帯に発生した大地震により、小田原に出かけていた大木頼母助夫婦は、その地で亡くなりました。その長男の主馬之助は、父が守り本尊としていた釈迦仏とともに遺骨を背負い、諸国巡礼の旅に出ました。その後高野山に納骨したあと道心者となり、巡礼をつづけ当地へたどりつきました。

同じく小田原北条氏の家臣の片山弥兵衛は、子息の図書具治とともに天文七年(1538年)の小田原城が落城したときの戦いに出陣し、片山親子は平村(現宮前区平)に無事帰り、片山弥兵衛は文禄年間に没しましたが、図書具治は下菅生村長沢(現宮前区菅生)に移住し、寛永四年(1627年)に死没し、大木庵の近くの台地上に葬られ、墓守りとして道心者が住んでいました。その後、宗覚坊という僧のときに図書具治夫妻の戒名にちなんで秋月院と改められました。

この寺は、寛永年間に火災にあい、正保年間(1644〜47年)に再建され、再び火災で焼失しました。その年代は不明ですが再建された後、再び明治年間に焼けています。現在の本堂は昭和五十年に建立されました。

■宗教・宗派:曹洞宗

■価格表

永代使用料 1区画 280,000円より

面積(㎡) 永代使用料 年間管理費
0.20 280,000円 13,000円
0.375 480,000円 13,000円
0.48 550,000円 15,000円
0.64 700,000円 15,000円
1.00 850,000円 18,000円

※上記価格表以外にも区画がございます。詳しくは資料請求の際にお問い合わせ下さい。
※別途 入檀志納金として100,000円かかります。

特別セット価格 1,130,000円より

(永代使用料、墓石、墓石工事、基本彫刻が含まれます。※消費税は含まれてません。)

墓所写真

墓所写真

■アクセス

マップマーク

この墓所の場所を示しています。

□所在地:神奈川県川崎市宮前区菅生2-28-1
□アクセス:
■車
東名高速道路「東名川崎IC」より15分
■バス
小田急小田原線「向ヶ丘遊園駅」より、小田急バスに乗車、「聖マリアンナグランド前バス停」にて下車し、徒歩5分
小田急小田原線「生田駅」より、市営バスに乗車、「聖マリアンナ医大入口バス停」にて下車し、徒歩5分

ここに近い墓所

春秋苑
春秋苑
民営墓地
神奈川県川崎市多摩区南生田8-1-1

青蓮堂 屋内御廟(春秋苑)
青蓮堂 屋内御廟(春秋苑)
納骨堂・永代供養墓
神奈川県川崎市多摩区南生田8-1-1

廣福寺墓苑(真言宗豊山派)
廣福寺墓苑(真言宗豊山派)
寺院墓地
神奈川県川崎市多摩区枡形6-7-1

稲荷山 光明院(真言宗豊山派)
稲荷山 光明院(真言宗豊山派)
寺院墓地
神奈川県川崎市多摩区登戸1253

あざみ野浄苑 悠久の丘
あざみ野浄苑 悠久の丘
民営墓地
神奈川県横浜市青葉区元石川町4262-1

都筑港北霊園
都筑港北霊園
民営墓地
神奈川県横浜市都筑区牛久保町1886-2