貞昌院(曹洞宗)(横浜市港南区・神奈川県)の詳細情報。写真・住所・設備・価格・地図も掲載。無料で資料請求可能。

トップ > 探す~墓所検索~ > 神奈川県のお墓・霊園・納骨堂 > 横浜市港南区のお墓・霊園・納骨堂 > 貞昌院(曹洞宗)

貞昌院(曹洞宗)

墓所写真

名称

貞昌院(曹洞宗)(テイショウイン)

形式

寺院墓地

宗教・宗派

曹洞宗

所在地

〒233-0012 神奈川県横浜市港南区上永谷5-1-3

経営主体

宗教法人 貞昌院

設備・施設

緑と静寂に包まれた眺望のすばらしいお寺様です

貞昌院の前身は、天性院と称した天台宗の宿坊であり、上之坊、下之坊という二坊があったが、足利時代に廃絶されたと伝えられる。
下之坊には菅原道真四男、菅秀才淳茂が起居しており、道真自刻の尊像を奉祀して朝夕崇拝したのが、現在の天神社(永谷天満宮)である。
天正十年(1582年)、宅間藤原規富が天神社(永谷天満宮)を再建するにあたり、川上(戸塚区川上町)徳翁寺の第四世住職明堂文龍大和尚を請し、上永谷町字籠森3402番地(現在の市営地下鉄上永谷駅付近)に開山したのが貞昌院の歴史の始まりで、それ以来、貞昌院が天神社の別当となった。
当時は天神社と山を挟んでいたが、文化十四年(1817年)に、現在の位置である永谷天満宮の隣に移転された。
明治十九年(1886年)の火災により諸堂宇が消失したが、本尊十一面観世音菩薩像と欄間彫刻などは、近隣村人の献身的努力によって無事搬出され現在に至っている。
明治三十四年(1901年)、第二十八世無外源量大和尚の時に諸堂が再建された。
その後、関東大震災による倒壊を経たが、翌年にはそれまでの茅葺から亜鉛葺きの伽羅として再建なる。
昭和四十六年(1971年)に、銅版葺きとなり、現在の姿に改築された。
本堂に祀られている釈迦牟尼佛像は、彫刻家長谷川雅宣氏の作で、平成三年(1991年)に開眼供養が厳修行された。
また、平成七年(1995年)には本堂欄間の塗装修復が行われた。

■宗教・宗派:曹洞宗

■価格表

永代使用料 1区画 750,000円より

面積(㎡) 永代使用料 年間管理料
1.00 750,000円 4,000円
1.50 1,125,000円 4,000円
3.00 2,250,000円 6,000円

墓所写真

墓所写真

墓所写真

■アクセス

マップマーク

この墓所の場所を示しています。

□所在地:神奈川県横浜市港南区上永谷5-1-3
□アクセス:
■電車
市営地下鉄「上永谷」駅より、徒歩5分
■車
横浜横須賀道路「日野IC」より、約15分

ここに近い墓所

横浜港南台霊園
横浜港南台霊園
民営墓地
神奈川県横浜市港南区野庭町2155

横浜日野墓苑 桜の里
横浜日野墓苑 桜の里
民営墓地
神奈川県横浜市港南区港南6-10-24

横浜市営 日野公園墓地
横浜市営 日野公園墓地
公営墓地
神奈川県横浜市港南区日野中央1-13-1

東樹院墓地(真言宗)
東樹院墓地(真言宗)
寺院墓地
神奈川県横浜市港南区笹下2-24-17

仏立 横浜本立寺霊苑(本門佛立宗)
仏立 横浜本立寺霊苑(本門佛立宗)
寺院墓地
神奈川県横浜市港南区上大岡東3

永勝寺(浄土真宗大谷派)
永勝寺(浄土真宗大谷派)
寺院墓地
神奈川県横浜市戸塚区下1021