改葬(お墓の引越し)をする際の手続きや、離檀料等のトラブルを避けるための注意点等の紹介。

トップ > 気になるお墓・話題のキーワード 改葬(お墓の引越し)

改葬(お墓の引越し)

一度埋蔵・収蔵した遺骨を、他のお墓に移すことを「改葬」と呼びます。


・・・などの理由で、「改葬」を行なうことが多いようです。

改葬の手続きについて

「墓埋法(墓地、埋葬等に関する法律)」の規定があります。

  1. 新しいお墓の管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらう。
  2. 今までのお墓の管理者から「埋葬証明書」を発行してもらう。
  3. 市町村役場に改葬許可申請書を提出して「改葬許可書」を発行してもらう。
  4. 今までのお墓の管理者に「改葬許可書」を提示して、遺骨を取り出す。
     ※仏教の場合は、お寺の住職にお墓を引き払うための供養をしてもらう(お魂抜き)。
     ※遺骨が土に還っている場合は、その土を新しいお墓の納骨棺に入れる。
     ※墓石を撤去し更地にして、返還する(墓じまい)。
  5. 新しいお墓の管理者に「改葬許可書」を提示して、納骨する。
     ※仏教の場合は、納骨の供養をしてもらい、新しい墓石簿に記入する。


・・という手続きになります。

離檀料について

寺院墓地から改葬を行なう際に、高額の離檀料を請求されるトラブルになることもあるようです。
通常は10~20万円程度ですが、100万円以上の請求をされる場合もあるようです。離檀料とは本来、これまでの
お礼、仏様への感謝の気持ち(お布施)を包むことです。法律上の根拠があるわけではありません。

国内の主要な伝統仏教教団で組織する全日本仏教会の広報部は、「代々受け継いできた墓を守りにくい時代になっており、
檀家と寺との関係ができていれば『離檀料』という言葉を使わなくても『お世話になった』という気持ちを表せるのだと思う。檀家と寺の温度差があるために、問題が起きているのではないか」とコメントしています。

※改葬をスムーズに行うための注意点

(今までのお墓の管理者に一方的に改葬を申し出るのではなく、まずは相談という形から始めましょう)